自然は最適解

自然は最適解

自然は常に最適な解を示してくれる。

マイルドで美味しい柿酢が出来た

去年の10月下旬に熟々になった柿一個から始まった柿酢作り。

柿の量も一個だし期待せずに放置していましたが、上手く完成まで至りました。

ドキドキ、ワクワクの味見は「フルーティーな香りで、甘くて美味い!」。

想像以上の出来で「余は満足じゃ!」

柿酢

去年の10月下旬に柿が熟々になってしまい、歯ごたえのある固めが好きなため、食べる氣が起きませんでした。

そこで柿酢作りに挑戦しました。

作り方

柿を瓶に入れて放置。少し水を足したかもしれませんが、記憶が曖昧です。

数日後、カビも発生することなく、少し酸っぱい臭いがしておりました。
味見したら酢のようになっていたので、農学博士の小泉武夫氏のブログの”米酢の作り方”を参考にして、柿酢を作りました。

koizumipress.com

お酒、米酢、水を各300ccずつ、柿の入っていた瓶に入れます。
混ぜ混ぜして終了!

後は「じっと我慢の子」「ちゃん」の世界です。

雑記

()な私は、味噌作りなどの消毒用に購入していたお酒の使い道に困っていましたが、残りが300cc程あったので、これを基準に酢と嵩増しのために水も追加しました。

後は上手くできる事を祈りつつの放置です。

市販の酢が入っているのでカビも生えることもなく、安心して放置を続けました。

もっと以前から「瓶に詰め替えをしよう、しよう」と思ってはいたのですが、漉す作業が面倒だったため、「あすなろ」が続き、後伸ばしになっていました。
しかし、数日前にやっと重い腰を上げて移し替えました。

漏斗の上に綿の布巾を置いて、そこに柿酢を流し込み、柿の粕を除きます。
最後はヘラなどで布巾を絞ります。

柿の粕

柿の粕は見た目には氣持ち悪いかもしれませんが、作った柿酢と共に「大根の酢漬け」に使用しました。

ゴミも出ることなく、素材を余すことなく使い果たす事が出来ました。

昔の生活様式は、本当に環境に優しいです。

 

読んでいただきありがとうございます。ご縁に感謝いたします。